読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Viva la Blog

編集者、ライターを志す23歳、男。音楽と共に

EURO2016


f:id:funkeyshun:20160614100357j:image

はい!こんにちはピーポーです。

 
季節は梅雨の時期真っ只中。
ジメジメベトベト本当嫌な季節ですね。
そんな中、6月10日、ヨーロッパサッカーNo.1の国を決める大会、4年に一度のサッカーの祭典EURO2016が開幕しました。
梅雨の湿気も吹き飛ばす、熱き熱戦が毎日行われます。
ドキドキワクワクの連続!!国と国がプライドを賭けて戦う、手に汗握る戦いが始まりました。
4年に一度のサッカーの祭典と言えば、W杯がありますが、このEURO2016は、そのW杯のヨーロッパ縛りバージョンとなります。
W杯よりレベルが高いと言われるこの大会。
そりゃヨーロッパ中がお祭り騒ぎになるのも当たり前。
出場国のサポーターが開催地、フランスに集結します。
そして、7月10日スタッド・ドゥ・フランスに立ち優勝杯を掲げているのはどのチームなのか。ンムー妄想が広がります。
 
そうです。今回はサッカーのお話です。
 
今回は私の拙いサッカー知識を振り絞って、EURO2016の優勝予想、ダークホース予想なんかをしていきたいと思います。
 
それでは、まいりましょう。
 
 

優勝予想!!

 

フランスです!!

 

もーねー

若手の台頭が凄い!!

FW陣はアンリ二世マルシャル、マンUで絶賛ブレイク中の20歳のアタッカー。勢いをそのまま持って来て欲しい所。

もはやワールドクラスのグリーズマン。個人的に一番好き。二列目からの飛び出しや精度の高いプレスキック、特にゴールへの嗅覚が素晴らしい。得点王になりそうな予感。

そして中堅どころには典型的なCFジルーもいます。

そういえばベンゼマは?と思ったんですが、同じ代表のチームメイト、ヴァルヴエナを恐喝したとして召集外(笑)

ベンゼマあほですやん。こういう雰囲気を悪くするやつは、いくら実力者でも排除すべき。フランスは自国開催という事で、結束して頑張って欲しい!!

 

MF陣の中心は

今、移籍市場を賑わしているポグバ!!まさにモンスターと言った、強烈な存在感。

強烈なミドルに柔らかいパス共に一級品。ゴールもアシストも出来る。

年齢も若いので長くフランスの中心になる選手。

 

脇を固めるのは、開幕戦で1G1Aの大車輪の活躍を見せた、パイエ。所属クラブのレスターでも優勝に大きく貢献した、中盤のアンカー、カンテ。

レジェンド、ヴィエラみたくなれるかな?

 二人とも今大会を期にスターになりそうな感じ!!
 
 
不安要素はDFラインですね。
守備の要ヴァランはどうやら怪我の模様ですし、SBがエヴラ、サニャと長い間フランス代表を支えてきたベテランです。
サイドからグリグリえぐられるとポロっと大崩してしまう感も無くはない…ですが。
 
まぁなにがあるかは分からないのがEURO。どんなどんでん返しがあるか本当ワクワクしますね。
 
さぁ続きまして、ダークホース予想いってみましょう!!
 
 

ダークホース

 
 
ズバリ、クロアチア!!
 
 
クロアチアがいるグループDは、スペイン、トルコ、チェコとどれも手強い相手と同グループ。
一番突破が難しいグループと言われています。
順当に行けば、EURO2連覇中のスペインが頭ひとつ抜きでていますが。クロアチア、トルコ、チェコはそんなに力の差はありません。2位争いが激戦になると思います。
 
そこで、クロアチアを推している理由ですが、モドリッチラキティッチのレアル、バルサコンビがヤバい!!
二人とも何でも出来るワールドクラスの選手です。
 先日のトルコ戦ではモドリッチのスーパーゴールで勝利しましたし、次のチェコ戦も勝てばグループリーグ突破濃厚。
勢いに乗って優勝候補スペインも撃破なんてジャイアントキリングかましたら、一気に勝ち上がるかもしれません。
 
いやーほんと注目してます!!
 
頑張れクロアチア!!
 
 

最後に

 
EURO2016優勝予想なんてやっちゃった訳なんですが。
 
スペインもドイツも捨てがたい!!
特にドイツが、来そうだなぁー。
まぁ、フランスは自国開催なので、圧倒的ホームの状況ですんで、このアドバンテージは有利のはず!!
 
後、イングランドが個人的に好きで、優勝して欲しいです。
スペイン、ドイツの2強時代に終止符を打って欲しい!!
ですが、優勝出来る!!と思える程メンバーが豪華じゃないんですよね。
ルーニー以外小粒な印象です。
やっぱり、ランパード、ジェラードみたいな存在感抜群のスターがまだ出て来てないなぁ。
頑張って欲しい。ってかグループリーグは突破してね(笑)
 
 
あー7月10日が、待ち遠しい!!
 
以上です。(笑)
 
アディオス!!

今年こそは!!大阪から行ける夏フェス特集。(サマソニ編)

はいっ!!

こんちわ。
ピーポーです。
 
いまや、一大ムーブメントになっている。夏フェス。
夏の定番イベントになっていますね。
そして、日本中のどこででも開催されています。ほんとめちゃめちゃ数があります。
 
音楽好きなら勿論の事、興味の無い人も行ったことがあるかもしれません。
好みのアーティスト目当てに行く人、雰囲気を楽しみたいから行く人、友達大勢と行く人、一人で行く人。
その参加理由も多岐に渡ります。
 
そこで、まだ行ったこと無い人にフォーカスを当て、こんなフェスがあるよ。この
フェスはここが魅力!みたいなのをプレゼンしていきたいと思います。
 

あ!後、数が多すぎるので、「大阪から行ける」をテーマにまとめてみます。

 

 

 

サマーソニック





f:id:funkeyshun:20160531094717j:image


はいっ!!という訳で、題名の通りサマソニ編です。
僕自身が初めて行ったフェスがサマソニでした。アヴリル・ラヴィーン可愛いかった…
こっからフェスの魅力、音楽の素晴らしさに浸かっていく訳です。
では、サマソニの魅力をお伝えしましょう。


  • アクセスのしやすさ
 
気軽に行ける都市型フェスの横綱サマーソニック
東京、大阪の2都市同時開催、2日間を通して行われます。
出演するアーティストのラインナップも豪華。
そのアーティストのジャンルも多彩で、洋楽。邦楽問わず、Rockは勿論の事、Hip-hop、R&B、テクノ、EDM、そして、大御所からルーキーまでバラエティーに富んだラインナップ。
 
とりあえず行けば、世界で流行っている音楽が分かるという、日本4大フェスの1つであります。
 
東京では、幕張メッセ千葉マリンスタジアムの計8ステージで行われ。
大阪では舞洲特設会場の計4ステージ。
東京の方が大規模に行われますが、今回は大阪会場の魅力を言っていきます。
 
 
まず、なんといってもアクセスがしやすい!!
会場は舞洲なので、大阪市内から車でおよそ30分あったら余裕で着きます。
電車だと、最寄りのコスモスクエア桜島からシャトルバスも出ているので一時間以内には到着出来るかと。
このアクセスのしやすさ。というのは間違いなく魅力です。
 
 
Fesというのは、半端無く疲れます。
会場は広い、ライブを見てる時はぎゅうぎゅう詰めです。そして何より熱い。
開催中は楽しいのでアドレナリン出まくりで、疲れなんて感じなくなる位テンション上がってるんですが現実に戻ると、疲れがドッと押し寄せて来ます。そして、すし詰めのシャトルバス、電車に乗って帰宅。
フェスに行った事ない人にはハードルが高いと思います。
 
そこで、このアクセスのしやすさです。
家にすぐ帰れるという安心感はデカい。
気軽に行ける、帰れるというまさに初心者にはうってつけ。
 
 
  • ラインナップの豪華さ
 

f:id:funkeyshun:20160603101235j:image
 
アーティストの豪華さにも注目です。
今年のラインナップは洋楽、邦楽共にバランスのいいラインナップ。
 
洋楽枠で言ったら、安定のベテラン。
Radio head   Underworld  オフスプ  ファーギーから
脂が乗っているスター
Flo Rida  Panic! at the disco  ペンタトニックス 
去年、大ブレイクしたアーティスト。
マーク・ロンソン The 1975 チャーリー・プース
 
邦楽枠は、どれも世界に出しても恥ずかしくないアーティストがそろっています。
 
なかでも最も注目して欲しいのが
マーク・ロンソン
去年のグラミー賞授賞者です。
 
 
 
 
皆さんご存じ
《Uptown funk ft. Bruno mars》
この曲でグラミー賞最優秀レコード賞を授賞しました。世界で最も売れた曲です。
現時点でYouTube再生回数、16億回!!
バケモンですね。
そんな曲が生で聴ける!!
幸せ過ぎます。
 
ってことは?Bruno marsも来るの??
と思われた方、お目が高い。
 
来ません(笑)
 
マーク・ロンソンはDJなので自分では歌いません。
あらかじめ録音してある、音源を使い、様々なエフェクトを付けて場を盛り上げてくれます。
 

f:id:funkeyshun:20160603205752j:image
(こんな感じで)
 
なんだ、クラブと同じじゃん!
そー思われた方、お目が高い。
 
全然違います(笑)
 
まず、屋外で聞く音楽というのは解放感が違います。
そこで、あのお腹に響く重低音、テンションが狂いそうになります。(笑)
アドレナリンがガンガン出てきます。
後、「本物感」があるんですよ。
本物の音っていうか、これが本物の音圧か!っていう感覚。
是非とも自分の身で感じて頂きたい。
 
 
 
  • 色々な音楽に出会える
 
 
フェスというのは、1ステージだいたい30分、転換の時間を加えると一時間程でどんどんとアーティストが入れ替わりで演奏をします。
サマーソニックはジャンルレスのフェスなので、様々なジャンルの音楽が聴ける訳です。
 
興味の無かったジャンルに深く入り込めるチャンスです。
ほんと、キッカケっていうのはどこに転がっているか分からないもの、ちょっとでも引っ掛かったのであれば、自分の音楽の世界を広げてみてください。
 
 
音楽というものは、皆さんの間近にありすぎて、その大きさ、素晴らしさに気付けないような気がします。
どーしても、好きなジャンル、アーティストに拘ってしまって、そこだけを見がちになりやすいと思います。
そこで、サマソニのようなフェスで、自分の音楽の可能性を広げてみてはいかがでしょう。
 
 
 

最後に

 
 
まぁフェスというのは楽しむ事に尽きます。
百人いれば百通りの楽しみかたがあるのが、フェスです。
僕も2011年に初フェスのサマソニに行ったのがキッカケでハマリました。
 
The ting tingsをフラッと見てたらサークルが後ろの方でできていたので、乱入してみると
楽しいこと、楽しいこと(笑)
そこで、他人と音楽を共有する楽しさを知ったんでしょうね。
いい思い出です。
 
さぁ
これまで、サマソニの魅力をプレゼンしたのですが(つたない文章ですみません(。>д<))
いかがでしたでしょうか。
 
Liveを見に行くというのわ初心者の方にとって低いようで高いハードル。
一緒に見に行く人がいない、Liveに行くほど好きではない、なんか恥ずかしい。
そこで、気軽に観に行ける、本物の音楽に触れあえるそれがこーいうフェスが担っていると思っています。
僕なんて今となっては一人フェスなんて余裕でしますし、行くたびに色んな発見があります。(誰か一緒にいってくれー(笑)
ほんと楽しいです。
 
皆さんも、今年の夏は涼しい部屋に閉じこまってないで冒険してみましょう!!
 
素敵な音楽に出会えるように
それでは!!
 
アディオス!!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

歌詞から好きになる。共感する歌詞選びました。

どもっ!

こんばんわピーポーです。
 
僕の音楽に対する熱い思いをぶちまけて、早や3日。
本当、自分の思ってる事を素直に表現というか言葉に出す、文字に表す事って難しいなぁ。と、自分では、こう思ってるんだけど、いざそれを表そうとしても、んーなんか出てこない、なんかつっかえる、上手く表現できない、そんな歯がゆいこと皆さんもあると思います。
 
 
そこで、言いにくい事、伝えたいのに伝えられない事を代わりに代弁してくれるのって、音楽なんじゃないかと思いまして。
自分が思っている事をドンピシャでメロディに乗せて歌われるとそらもぉ、「めちゃめちゃ共感するわー」ってなりますし、だんだんそのアーティストが好きになってきますよね。
そして、今日はその「共感できる歌詞」っていうのがテーマになります。
まぁ人それぞれ共感する定義っていうのは違うと思うんで、僕が思う共感をゴリ押ししていきます。
そこらへんご容赦下さい。
 
では、いってみましょう。
 
 
 

Dragon Ash

 
 
みんな必死なんだ  負けんな  いねぇぜピンチランナー                                                                         あざけ笑う奴尻目に  つかめ描いた夢を握った手に                                                                                      雨上がりの流れ星   願いをかけて  さあ上がれ同志                                                                                                                                                                  《静かな日々の階段を》                            
 
ミクスチャー・ロック界の大御所、デビュー19年目来年20周年のビッグバンド、Dragon Ash先輩。
 
Dragon Ashといえば、ボーカルkjの韻を踏みまくった歌詞が魅力的、ほんと素敵。
kjカッコイイ(笑)
 
そんでもってこの歌詞。
ずきゅーーんと来た。
この曲がリリースされたのは2001年、映画バトルロワイヤルのEDで流れてたのを覚えてる。
この曲は知ってたし、聞いたこともあったが、そんな好きでは無かった。
しかし、一昨年位前に聞いたら、ずきゅーーんと来た。
なんでだろう?年を取るごとに、好きな食べ物も変わってくるみたいな感じ?
そういえば、子供の時嫌いだった沢庵が今めっちゃ好き(笑)
 
話を戻すと
やっぱり周りは、皆社会人になり、皆必死に仕事している。
興味の無い事を仕事にし、会うたびに「辞めたい、転職したい」そんな事言う子も増えてきたし、僕も思ってる。
そして、皆忙しい中で、夢を持つ。というのが薄れている気がする。
 
夢を実現出来るのは、ほんの一握りの人間。俺はそんな人間になれっこ無い。無意識にそんなように刷り込まてるような気がする。
だが、夢を実現させるには、尋常じゃない努力が必要だし、途方もない道程だ。
諦めたくなるし、途中でつまづいてしまうかもしれない。
だけど走り続けないと!!
 
そんなメッセージ性がありとても共感できる。
この曲を聞いていると元気付けて貰える。僕にとってそんな曲。
Dragon Ash先輩ありがとうございます。
 
 
そこまで意識的に聴いたことないなぁって方は是非見てください。
kjのかっこよさ、武田真治のエロさに注目!!(笑)
 
 
 
 
 
 

岡崎体育

 
 
 
 
 
センス良すぎか!!
共感の連続!!
共感ていうかあるある(笑)
で今話題の岡崎体育さん。
 
その話題性からこの曲、《Music Video》がYouTubeで投稿されてから1ヶ月経たない内に約350万回再生。
Mステでも今話題のアーティストとして紹介される。
まさに飛ぶ鳥も落とす勢いの岡崎体育。
 
邦Rock界のMVのあるあるネタをテーマにした、この曲。
マジであるあると何度も頷いてしまうし、面白い。なんか飲んでる時には、絶対聴いてはならないこの曲。真ん前にいる人の顔が水浸しになること間違いなし(笑)
 
MUSIC VIDEOにおける女の子の演出講座、はい!
泣かす 踊らす 音楽聴かす 窓にもたれさす 倒れさす
泣かす 踊らす 音楽聴かす 窓にもたれさす 倒れさす
共感する歌詞はメチャクチャあるんですが、というか、全編あるあるネタなんで全部が共感できたんですが
特に面白かったのがこの歌詞。
 
今の邦Rock界のMVにおいて、可愛い女の子が出るのは当たり前。
再生数が取れる。華がでる。安い。の走攻守の三つ揃ったとても使いやすい技法。←完全に自己解釈です。
そんなMVが結構乱立しております。
そこをドンピシャにdis?った歌詞。
センスが良い。皆思ってたけど、言おうとしなかった所を表現したまさに皆の代弁者!!
 
 
特にこのMVの最後まであるあるが詰まっているので最後まで見てみて下さい。
 
 
 

andymori

 
 
何週間もただよって  心は疲れはてて
でも弱音は吐けない  もう少しだけ頑張らなくちゃ
《クラブナイト》
 
 
2014年に解散してしまったandymori
最近見つけたバンドで、歌詞がすごい真っ直ぐなのに、すんなり身体の中に入ってくる感じが好きになった。
聞くたびに爽やかな気持ちになれるバンドだと思う。
 
そしてこの歌詞。
グッと来た。
大人って弱音なんて吐けないし、生活していくなかで仕事をしていかなくてはならない。
あれ?さっきもこんな話したけど、疲れてンのかな(笑)
 
もーね、僕が伝えたいのは本当歌詞のまま、この曲は本来楽しげな曲なんだけど、ワンフレーズだけこんな風な考えさせられる歌詞が出てくる、そのギャップが好き。
なんかいるじゃん、見た目明るそうに振る舞ってるのに陰抱えてそうな子。あんな感じ←よー分からんか(笑)
 
 
そしてandymoriの解散理由が理由なだけに、なんだかリンクしている感がある。
その事は興味があったらググって欲しい。
ちょっと重いことなんで。
 
とりあえず、andymoriに出会うのが遅すぎたのが悔やまれる
もう解散しているし、ライブ見ようにも見れない。
あー本当おれってバカ。
 
僕がandymoriに、どハマリしたきっかけの動画。
なんかねー
すっげぇ楽しそうに演奏してるし、その気持ちが歌に乗ってるのよ。
このライブをみた人が心底羨ましく思えた。
いいなぁ
生でみたいな。
 
 
 
 

最後に

 
という訳で最後です。
すっげー遅くなっちゃった。
四時間位画面見てましたわ。
つっかえまくりました。素直に表現って難しいなぁーと改めて実感しまくりです。
 
で、いかがでしたか?
っていうか僕が共感したのを紹介したので。
皆どー思うかはわからないです。
ちょっとでも共感できた方は、是非そのアーティストに興味を持ってみてください。好きになってください。CDを買ってみてください。
それがアーティストにとっての最大の支援であり、モチベーションに繋がります。
 
また
「ってかお前何様やねん」って思われた方
すいません。
まだまだ無知な僕ですが、色々勉強し、音楽の無限の可能性を発信していきたいと思っています。
暖かい目でみていただけたらと思います。
 
 
それでは
アディオス!!
 
 

続、新たな一歩、若干の不安

どもっ。

こんにちわ。ピーポーっす。
 
えー昨日、初Blog終えたんですが。
なにせ、PCの操作にあまり慣れていない、っていうか、タイピングさえおぼつかない、完全なPC初心者な私。
丸四時間位かけて格闘してました。
その上、PCの動きが重くなってきてしまい、1文書くのに、2~3分位かかり、イライラマッハ(笑)本当は昨日の内に書き終えたかったんですが、断念しました。
 
 
っと言うわけで
昨日の続き!!
どういう目的を持ってBlogを始めたのか、今後どうしていくつもりなのか。
を書いていきたいと思います。
 
 
 

Blogを始めた目的

 
これは、昨日の記事にも書きましたが、
rockin'on groupで働くのが夢!!
と高らかに宣言したわけです。
 
そこに就職し、やりたいことは、星の数程いるアーティストの中で埋もれてしまっている、ミュージシャン、バンドを一般的に言う「売れる」「音楽活動に専念できる」ステージまでサポートしていけたら。と思っています。
 
じゃあサポートってなに?どんなことすんの?って言われると
 
やっぱり、自分がアーティストを発掘して、多くの人が見る雑誌、Webコンテンツなどに記事を載せ、人気を獲得していくお手伝いがしたいということです。
その記事を書くのが編集、ライターのお仕事だと思いますし、アーティストのより身近なところで仕事ができる場所と思います。
何より、自分が心底「良い」と思ったものを伝え、みんなと共有することができることは何よりのやりがいに繋がりますし、自分がやっている仕事にやりがいを感じれたら、凄く幸せだと思います。今やっている仕事にやりがいは感じてません(笑)
 
そこで、私がしたい仕事は、編集、ライターの仕事!!と、決まった訳なんですが
じゃあこの仕事をするために今何をすべきか、やるべきことをしようと考えたんです。
話は変わりますが、私が今している仕事は製造業です、工場勤務です。毎日死んだ魚の目をしながらラインを回しています。
編集、ライターさんの仕事は文字を書くことですよね。それとは縁もゆかりもない仕事をしてしまってる訳です。
上に書いたようにPCも、ど素人
大学も卒業していない
ただ単に、転職しようとしても、なにもしなければ内定なんて貰えるわけがない。
このままではダメだ。せめて、タイピングくらいわ、そして、何か記事を書く練習ができることをせねば。
そう思いBlogを選択しました。
 
そしてもう一つ、この、Blogを書いていくうえで、自分のモチベーションの維持にも繋がるんじゃないかと
仕事をしながら「あー転職してぇー」と思っていても、忙しい毎日、そんな気持ちも薄れて行ってしまうかもしれない。
リスクや転職する際の労力などを考えたら現状に満足してしまいそうで怖いです。
そんなことを回避するため、こうやってBlogを書いていこうと思っています。
それに、誰かが言ってました
「夢も目標も、口に出して堂々と言うことで叶っていくんだ。」的なことを。
まぁ、言うっていうか書いていきます。
 
 

今後の目標

 

っというわけで今後の目標です。

 

やはり、見られている、見られる記事を書く!ということを頭に入れて進めていきたいです。

日記チックにするのではなく、特集記事や自分で考えた企画、調べていく、時には取材してみる能力を養っていきたい。

後、人に見たいと思わせる記事、興味を引くような文章力を身に着けていきたい。

本格的に転職活動をするのが、来年を境にやろうと決めているので、後、半年ちょっと頑張ります。

 

まだまだBlogと呼ぶには程遠い内容ですが、半年後には素敵なBlogにさせて見せます。

アクセス数も何万アクセスと伸ばしていきたいですが、険しい道のりですね。

後、その道の人とも交流を広げてみたいです。色々話を聞いてみたい。

 

ちょっと目標が大きいと思いますが、目の前にあることをコツコツとやっていきます。

 

 

でわ、時間も遅くなってきたので今日はこのあたりで

しばし、お付き合いいただいたらうれしいです。

 

アディオス!!

新しい一歩、若干の不安

こんばんわ、そして初めまして。

ピーポーと申します。

 

今まで普通の男としてこの23年間生きてきました。

目の前にあるやるべきことを、普通にこなしていく。

自発的に動くのではなく、「みんなやっているから」「周りに合わせよう」そんな気持ちで周りに流されて生きてきたような気がします。

高校を卒業した後は、NSC吉本興業の芸人養成所)に入学という愚行をやらかしたりしましたが…

まぁ、入学前には結構な覚悟でNSCに入った訳なんですが、当時18歳の自分わ、空気にあまり馴染めず、1年で卒業したものの活動はそれっきり…

1年近くフリーターをした後やっと就職し現在に至るわけですが

 

こうやって文字に起こしてみると、ほんとしょーもない人生っすね。

なんか、ぐーたらぐーたらのらりくらりやってきました。

 

 

ハイっ!!

ということでここからが本題!!

自分がなぜブログをはじめようと思ったか!!

 

こんな私にも夢があります。

ズバリ

rockin'on groupで働きたい!!

ん?

rockin'on groupってなんぞやって?

説明しましょう。

 

rockin'on groupとは

音楽情報サイト「RO69」や

音楽雑誌「rockin'on」「ROCKIN'ON JAPAN」

更に、昨年に4日間で25万人を集めた夏の「ROCK IN JAPAN FESTIVAL」や

17万人集めた冬の「COUNTDOWN JAPAN」といった大型音楽フェスまで

とにかく、日本音楽業界の最先端を突っ走る素晴らしい会社なのです!!

 

凄さが分かっていただけたでしょうか。

ROCK IN JAPAN FESになんか行ってみたら一発で分かる

あそこは楽園です。rockの遊園地。音楽のディズニーランド。

みんなが音に身を委ね、踊り、歌う。

いまだかつて味わったことのない一体感、何万人と共に共有する感動。

それまでに、フェスも好きだったし、音楽も好きだったんですが、改めて音楽の価値、与える感動の大きさが分かりました。

そして、今度は私がその感動を伝えたい!!発信していきたい!!そう強く思うようになりました。

 

いまや、音楽は無料でダウンロードできてしまう時代。

ただでさえCDが売れなくなってきているのに、売れるのわ、しょーもないアイドルや顔で勝負してくるボーカルグループ。

テレビに露出してくるのもチャートを賑やかしているコイツらがメイン。

そら、日本の音楽は糞!と思うし、洋楽でいいや。てなりますよね。

しかし、埋もれているだけで確実に良いアーティストもいるんです!!

売れている音楽が良いと思い、表面だけをすくい猛Pushしているテレビ、メディアに隠れて解散していくバンドがたくさんいる、それは本当にもったいないし、悲しいことだと思います。

そこで、私がそんなバンドをサポートし日の当たるところまで連れて行ってあげたい。

そんな素敵なお仕事ができたらと思っています。

 

 

ちょっと、PCの調子が悪すぎるので今日はこのあたりで。

 また明日、ブログの方向性、どいうい目的で書いているかを書きたいと思います。